ページ

2011年2月24日木曜日

RAMが死亡したようです



メインで使用中のPCには2GB RAMが二つ入って4GB(実際はOSが32bitのため約3GB)となっているが、ちょっと前からディスプレイ関係でBSODになったり画面に妙な筋が入ったり、画面が激しく崩れたりおかしな症状が出るようになった。

オンボードのグラッフィックチップのため最初はチップが熱暴走でも起こしたか壊れたのかなぁとか思っていた。
最近になってかなり激しく不具合が出るようになったので、調べてみた。
がオンボードのチップの故障を見分ける事なんてできない。当たり前だ。

それが壊れていたとしたらマザボを取り替えないといけないので大変だ。
ということで他に何か原因があるはずだ!と無理やり信じこませて(←調べた。
オンボードのグラッフィックだとメモリーはRAMと共通だよなーと思って(実際はこのマザボにはSidePort Memoryがあるため共有せずに動作させることも可)この時点でBIOSはUMA+SidePortとなっていたためなんかRAMあやしいなーと思ってRAMをMemtest86+使って調べた。

したらもうね、RAM死んでたわ。ログに沢山エラーが出た。



RAM挿す場所もいろいろ変えて試してみたがやっぱりエラーが出る。
で二枚のRAMを一枚ずつ挿してテスト走らせたら一枚のRAMが見事に死んでた。

とりあえず正常なRAMのみで起動。一応前述したような症状は出なくなった。

で余談なんだがWindows Vistaには 標準でRAMをチェックするプログラムがインストールされている。

memtest走らせる前にこれを使ってテストしたのだが、これ、はっきり言って、

余りにも 大雑把すぎてワカンネー。


 



ログオン時に結果が報告されると書いてあるが、もう全くなんにも役に立たないダイアログが出てきた。

内容は忘れたが、解決策にはMicrosoftお得意のこれを見て何をしろって言うんだと言いたくなるヘルプへのリンクがあるダイアログが出てきたのみであった。 あぁ頭がいたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿