ページ

2012年2月16日木曜日

Ideapad A1とWM3600R

某キャンペーンで入手しました。IdeapadA1とWM3600Rを。







タブレットはおまけ程度と考えていたのですが...なかなか弄りがいのありそうなものだったので。

まずはお決まりの、root権限奪取。

で、これがまぁ中国で人気なのかどうかは知らないがソッチ系のツールの大半が中国ユーザーによって作られている模様。まぁ、レノボは中国企業ですし当たり前なんですけど。

http://dansan.blogbus.com/logs/166614299.html
「点击下载」→「联通下载」
ツールをこちらから頂いて、rarファイルを解凍すると2つのzipファイルが出てくる。

で、これをSDカード(内蔵では無い)に放り込んでリカバリーモードから起動させると、update.zip内のClockworkModが起動してリカバリーから内蔵ROM改変が簡単に出来るようになる。そこからもう一つ用意したrootアプリやらが入ったlepad-a1-rooter_signed.zipの中身を書き込むという感じだ。

首尾良く行けばroot権限が取れる環境になっている、というわけ。
再起動してマーケットから端末エミュレーターをインストールしsuを叩く。ダイアログに許可して$が#になれば良い。

とりあえず常用しているアプリをちょこちょこ入れた。
DSPManagerはこちらのものを。apk版が2.3用になっている。

HTC DesireのCM7からDSPManagerを持ってきて入れてみたが強制終了してしまった。
上記したものは英語版だがCM7系のDSPManagerと機能は同等である。

で、標準のブラウザアプリはインテントを丸ごと奪って色々不便なのでCM7のものと入れ替えしてみた....のだが起動時にエラーで落ちるのでアウト。
タブレット系(Advent Vega)のCM7.1付属のブラウザも入れてみたが起動せず。
何か依存関係があるのかも知れないので諦めて他のブラウザアプリを入れることに...

Browser.apkを削除してしまえばインテント関係は正常になるのでやってみるのも良いが何か支障が出る可能性は否めない。

そんなところで無事中華フォント入れ替えも終わったのであとは内蔵ストレージの少なさをどうするかだな。

0 件のコメント:

コメントを投稿