何もない

ページビューの合計

このブログを検索

written by hiro. Powered by Blogger.

2012年2月15日水曜日

懲りない無線LAN(完成版)


もう既にいくつ記事を書いたらええねん!
というくらいに同じ事についてばかりくどいほど記事を書いているが、改善の兆しが見えてきたので。

ちなみに最近、データの転送速度が異常なほどにまで落ちる現象も起っていてホント困ってました。(前にも書いたような...)






で、今まで色々とやりまくってきたわけだが。もう一度根本から設定を見直したところ、気になる項目を発見。



まさに灯台下暗し。

プロテクション機能。

「?」アイコンをクリックすると、以下のような説明が出てくる。

『無線LAN子機との通信にRTS/CTSフロー制御を行う場合に有効にします。接続する無線LAN子機が少ない場合や、周囲に他の無線LAN親機が存在しない場合には「使用しない」に設定してください。他の無線LAN子機が多い場合や、他の無線LAN親機が存在する場合には「使用する」を選択することにより、無線LAN通信速度が向上する場合があります。


う~ん。これは....


調べた感じ、どうも混信を防止する目的で帯域を使って機器を識別するための機能?っぽい。
帯域の一部を使って送受信するデータが受信側で溢れたりして 受け取れねーぞ→再送せいやコラ という効率の悪い状態を改善するための機能らしい。


貴重な帯域を一部使うので必要のない場合にこれを使用すると恐らく速度は低下するだろう。それでも混信による速度低下よりかは微々たるものだと思うが...


でまぁ、当然オンにして、設定を保存してルーターを再起動。

今のところは、正常に稼働している....今のところは。

0 コメント:

コメントを投稿