何もない

ページビューの合計

このブログを検索

written by hiro. Powered by Blogger.

2012年3月9日金曜日

GalaxyNexus手に入れたったー


Root化からSIMロック解除までの流れ(中身無し)

てなわけで手に入れました。GN。
Galaxy NoteじゃないですNexusです。ドコモ版。


本体が入ってた化粧箱がどーーーー見てもiPhoneのソレにしか見えないとか、充電器とか外装変わっただけじゃねーの?iPhoneの付属品と形が違うのヘッドホンだけだよ???ナニコレ?
とかいうのは置いといて、付属品は極力使わないようにしているのでどうでも良い。

目標はSoftBankのSIMが使えるようになればよい。

で、適当にブログ探し回ってみてfastbootがナンチャラのアレヤコレヤと色々やってbootloaderのアンロック等やってたわけですが今更になってXDA見てたらこんなものが。


[GNex TOOLKIT V5.4] Drivers, Backup, Unlock, Root, CWM, Flash, Mods + MUCH MORE [GSM]


ハハッ。ツール出てやがんの。
かなり機能が豊富なので是非使ってみましょう。(私は使っていませんが。)


---------------------------------------------------

・adb/fastbootドライバの自動インスコ
・アプリのバックアップ
・仮想SDカードの中身をPCに転送
・寄付者にはなんか追加機能が?
・Modの自動追加??
・Unlock(bootloaderかな?)とかrootが1クリックで
・アンルートとbootloaderの再ロック(マジデ!)
・どんな種類のGNもRoot化
・リカバリデータのリネーム?
・CWM焼いちゃう。(おさわりえでぃしょんもあるよ!)
・CWMを焼かずに起動すっぞ
・PCから直接.imgファイルを起動or書き込み
・PCからapkインスコ
・端末からファイルぶっこ抜き
・ファイルの権限変更
・Radio領域のファイルバックアップ
・マニュアルインプットのために新しいコマンドプロンプトを開く(?)
・Fastbootモードへリブート
・リカバリー、Androidのadbモードへのリブート
・イニシャルスタート(ってなんだ?)を次回起動時にon/offする

-----------------------------------------------------

などなど機能てんこ盛りですね。(超絶変訳サーセン)
といっても使うのはbootloaderの再ロックとかそこら辺かなぁ。

GUIベースのツールもあった。こちらの方が使いやすそう。


Galaxy Nexus Root Toolkit for GSM


問題なのはSIMロック解除。
GNはどうもソフトウェア的にロック制御してる(かはわからんがソレっぽい)ので一度初期化やROM焼きしてしまうとまたロック状態に戻ってしまうのでこの七面倒な作業を毎回やらなければいけない。

Galaxy Nexus / SC-04D 非公式SIMロック解除 [Galaxy Nexus / SC-04D]

コチラのブログ記事を参考に色々やりました。
最初は問題なかったのだが、AOKP Milestone4へアップデートした段階で問題発生。
何故か最初から書き換えるべき場所が既に書き換わっていてSIMフリー化できなかったのでXDAで調べました。

調べたらバッチファイルみっけて試してみたら面倒な作業なしで見事成功。


http://forum.xda-developers.com/showpost.php?p=21417286&postcount=12

作ってくれたものは有難く使いましょう。ただダウンロードしただけではAndroidSDKのファイルパスの不一致で恐らく動作しないのでadb.exeのある場所を特定してバッチファイルを書き換えなければなりません。標準のテキストエディタで置換すれば一発です。

で、もう一つ、これ、直接起動させただけではマウントの書き込み制限の変更が不適切でreadonlyのまま処理を進めていって何も書き換わっていないという悲惨な状態になるのでadbからremountコマンド若しくはrootexplorerなどで書き換え可能な状態にしてからやりましょう。

ここまですればSIMフリー化出来ているハズです

注意としてはSIMロックされている状態でDocomo以外のSIMが刺さったままでSIMフリー化すると失敗するので必ずSIM無しの状態で。

SoftBank純正MMSアプリもマーケットには出てこないものの、正常に動作する。SMSも快調である。ただし、Android純正メッセージアプリはUserAgentの変更が出来ないのでHandcentSMS等は利用できない。何らかの対策は必要である。






フォントについてはICSではいくらか仕様が変更されているらしく、/system/etc/fallback_fonts.xmlに「DroidSansJapanese.ttf」を追加してやらねばいけません。書き方は中身を見れば猿でもわかります。追加する場所はFallbackより前に書きましょう。でないとFallback.ttfが先に読み込まれるそうです。

それが面倒であればDroidSansFallback.ttfとして変更したいフォントを保存しましょう。パーミッションの変更も忘れずに。

この作業でもブートループに陥るヤツがあるらしいのだが私は一度もなったことがないので知らん。






カスタムROMはAOKP(Android Open Kang Project)のが鉄板ぽい。
現時点でMilestone4が出てる。

ただしブートアニメーションと初期壁紙がわりかしケバいので気に入らなければ変えましょう。


Android Revolution HDは軽量ROM的な。


MIUIは最初iOSのデザインをまんま持ってきたものかと思っていたがなんか違うみたい。
MIUI制作のFMラジオアプリがCMに入っていたのだが日本の周波数にすると動作しないハブられようだったのであまり良い印象は無い。


FoxHoundはメタギアが好きな人が作ったのだろうか、それ関係の壁紙など初期で入ってる。
俺は興味ないので使わなかった。

0 コメント:

コメントを投稿