何もない

ページビューの合計

このブログを検索

written by hiro. Powered by Blogger.

2013年8月8日木曜日

TS-220にJRE7を入れてみる


JREが入れられるらしいのでやってみた。



丸パク参考にしたサイト

QNAP Club Japan - How to Install JRE6 on the TS-119PII(ARMv5)

CrashPlanでBackup (ARM CPU model w/ JRE): ヒツジおっとのリマンダ

大変参考になりました。

TS-220に搭載されているCPUは標準的なAndroid端末とかで使われているARMアーキテクチャの、 Marvell 6282(ARM v5)というCPUですが、組み込みOS向けのJREが使えるようです。面白そうですね。

インストールの手順は参考先のサイトを見ればわかりやすく書いてあるので割愛します。

できたらSSHで

java -version

と打ち込むと

java version "1.7.0_21"
Java(TM) SE Embedded Runtime Environment (build 1.7.0_21-b11, headless)
Java HotSpot(TM) Embedded Client VM (build 23.21-b01, mixed mode)

と出てきました。どうやらインストールも成功しているようです。やった!

インストール先ディレクトリは、/share/HDX_DATA/.qpkg/JREのようだ。


ということでMinecraftサーバーを動かしてみる。
折角JAVA動くんだし、やらなきゃ損でしょ。

ということで、起動してみたら画像のようになりました。




オーッ!!!!どうやら動いてしまっているようですね(当たり前か)

Preparing spawn areaが終わるまで、待ちます。

CPUも省電力向けで尚且つ割り当てメモリも最大256MB(推奨1024MB)と、かなり絞っていますので、結構時間がかかります。

次に、クライアントから接続してみます。

認識もバッチリ?


動いちゃった

ただし、スペックは非常に低いので敵mobへの攻撃もマトモに当たらないし、普通に使うのはまず無理。

わかりきっていたことですが、NASでマイクラ鯖が動いたってだけでも面白くないですかね?

僕はこういうの大好きです。





ちなみにサーバー動作中のCPUモニタを見ると上のようにほぼ常時90%以上を推移していて危険。

このTS-220はどっちかというと家庭向けのスペックなので、x86系のAtom CPUを積んでいるもっと上位版のNAS(TS-469Lとか)であれば、普通にマイクラ鯖として使えるんじゃないかな!?

丁度、型落ちのAtom搭載Qnap NASがありますので、近日中に試してみようかなと思います。

0 コメント:

コメントを投稿