何もない

ページビューの合計

このブログを検索

written by hiro. Powered by Blogger.

2015年3月17日火曜日

NexusPlayerをGet


しました。


AndroidTVはどうにもしっくりこないので普通のAndroidOS(LolliRock)を入れた。
Bootloaderを表示させるにはadbで再起動させるか、電源OFF状態から本体裏面のBluetoothペアリングボタンを押したまま電源ケーブルを繋げてランプが点滅するまで押し続ければいい。
これを入れるとAndroid5.0のタブレット端末として動作するようになる。また、Playストアからインストールできるアプリケーションも増えるが、幾つかのアプリケーションは非対応としてインストールできない。その場合は他のAndroid端末からapkを持ってきてインストールするだけで大半のものは使えるようになる。
ただしゲームのいくつか(リトルノア、白プロ等Android標準のUIじゃないアプリ大半)はマウスのクリックを受け付けずまともにプレイすることはできないし、他のアプリケーションでも以下のような状態に陥るアプリが多々あり、マウス無しで操作することは非常に難しい。

例1 : 選択肢がハイライトされず何を選択しているのか全く分からない(ニコ動等)
例2 : カーソルキーで特定の項目を選択できない、選択順がおかしい(FX File Explorer等)

やっぱりAndroidはこういうのが弱い。まぁ、マウスやらキーボードやらで操作するようなシーンなんてのは滅多にないのだから、仕方ないのだが。
RAMが1GBと心許なく、負荷がかかると動作が重くなるが、安いだけあってそこはどうしようもない。
USBホスト機能も対応しており、マウスなどを接続して使用することもできる。

上記の問題について、root権限を使用する有料アプリ「DroidMote」の機能の一つである「TouchMouse」を使用すればタッチパネルのエミュレートが他端末から行える。この機能を使用するためにプロファイルを作らなければならないのだが、どこにあるのかわからず詰んでいたところ発見したDownload of Free DroidMote Servers and Toolsのページの下の方にあるServer screen 1920x1080 orientation 0 のxmlをダウンロードし、操作するDroidMote Clientが入った端末の内部ストレージのルートに置いておけばSelectTouchProfileに表示されるようになる。
元々このタッチプロファイルはAndroid用ゲーム等スクリーンにゲームパッドが表示されている場合にリモートで操作できるようにするためにあるものっぽいのだが、タッチマウスとして動作させるためにも必要なようである。ゲーム用に自作するためには有料の別アプリをDLしなければならない。
プロファイル選択
正しく設定されると操作時に赤丸が表示される


AndroidTVとして使い続ける場合、Playストアからインストールできるアプリケーションは今現在非常に少ない。他の端末から持ってこればインストールできるがアプリはホーム画面には表示されず、起動するためにシステム設定の奥深くから起動しなければならない。さすがに面倒なので、Sideload Launcher - Android TVをインストールしよう。これを使うと簡易的なランチャーが起動し、本来のアプリ一覧を表示してくれる。

GoogleCastについて、Nexus5等で画面のミラーリングができるが時間がたつとNexusPlayerを認識しなくなってしまう。サーバー側(スマホ)を再起動すればまた認識するようになるが、これは不便だ。原因は分からない。

無線LANについて、W56周波数帯の電波は掴まないようだ。ac対応だから当然対応しているものだと思い込んでいたが。。。残念である。
Android6.0以上では問題なく電波を掴むようである。

0 コメント:

コメントを投稿