2018年5月29日

GPD Win2のスピーカーの片方が逆接続になってる

win2届いたのはいいのだがなんかスピーカーの音が変。


スピーカが正しく接続されているかは下記動画で簡単にチェックできる。
37秒付近から、In PhaseとOut of Phaseが順に切り替わる。
In Phase(正位相)のときに
・音像が左右に広がる
・低音域が異常に小さくなる
Out of Phase(逆位相)のときに
・音像が中央付近に来る
・低音域が正しく聞こえる
等の症状が出たら、それはあなたのWin2スピーカのどちらかが正負逆に接続されている証拠。

片っぽだけが逆接続されていると左右のスピーカから出た逆位相の音が互いを打ち消しあい、音が正しく聞こえなくなる。
ノイズキャンセリングはこの逆位相の音を意図的に作り雑音を打ち消すことで効果を発揮する。
しかしこれをスピーカーでやっても意味がないどころか音が正しく聞こえなくなってしまう。


分解は思いの外面倒くさそうだったのでソフトウェア的なアプローチで。

1. Equalizer APO64bit版をインストールする
2. configuration editorを起動し、緑のプラスマークをクリック
3. Basic Filtersからcopyを追加
4. Edit text(メモ帳アイコン)に"Copy: L=-1.0*L"と入力する
5. copy機能をON(電源アイコンを白)にする

これでLチャネルが逆位相となり、両方が同位相となるので正しく聞こえるようになる。
この設定はWIN10で再生される音のほとんどに適用可能らしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿