変なものばっかり買ってる

2020年8月30日

GPD WIN MAXをGetしたので

 ほんぺ

後で書き足す

ディスプレイ出力

各Type-C、HDMI全ポートで4K/60fps同時出力可
ただし最大画面出力数は3つまでなので、
4Kを3枚出力するためには内蔵ディスプレイを無効にする必要がある。

さすがに4K画質のYoutubeを垂れ流しながら快適作業...というわけにはいかないが
Win2のときのように、ただウィンドウを表示するだけで重くなったり、とかいうのは無さそう。
もうパソコン要らんのでは???
しかし内蔵ディスプレイはゴミカス品質なのでディスプレイをもいで据え置きミニPCとして使うのも良いかもしれない(極論) 



USB-PD

【出力】

Type-C端子が2つ付いているが、両方とも5V 3Aまでしか給電されない。


Thunderbolt3端子は15W以上になると電源供給がカットオフされる

対してType-Cポートは15.8W付近でカットオフされる

【入力】


2つあるどちらのType-Cポートも供給側が対応している場合、最大電圧20Vで充電を開始する。
MAXを自動でシャットダウンするまで放置した後に充電を開始した時のグラフは以下の通り。

最初のガタガタしている箇所は電源ONにしていたため。
見ればわかるがバッテリー充電だけで50Wも持ってかれており、バッテリーなし駆動時は本体だけで55W以上消費する(次項参照)こともある。
ということはガッツリ使いながら高速充電するためには付属60W充電器では力不足で、100W対応のUSB-PD充電器が必要となる。

【バッテリーなし駆動】

→可能で動作も問題ない。ただし電源ランプが赤緑に点滅する。
しかしTDP25Wモードでの高負荷時は瞬間的に55W以上まで上がるので60Wの充電器は必須。
30Wではそもそも起動途中で落ちる。


【付属充電器】

型番 : YJC065A
Dongguan Yingju Power製
5V 3A, 9V 3A, 12V 3A, 15V 3A, 20V 3.25A
本体の表示上では、最大65Wまで出力できるようだ。

CT-3でのPDOおよび急速充電規格のリスト 

実際にはQC2.0/3.0, PPSに対応しており、QC2.0/3.0の場合は12Vまで、PD3.0 PPSの場合は21V 3.25A(=68.25W)まで使用できるらしい。


実際に負荷を掛けると63W付近で出力がカットオフされる。